2018年09月25日(火)掲載

 

福岡市で初めての市立小中一貫学校が来年の平成31年4月に開校します。

通学の時間等の条件をクリアすれば、福岡市全域からの応募が可能です。

 

能古島には、福岡市立能古小学校と福岡市立能古中学校があります。

平成31年度4月の新学期から小中一貫校に生まれ変わる為に現在、工事が進められています。

能古小、能古中は、これまでも小規模校特別転入学制度「海っこ山っこ」があり、多くの子どもたちが福岡市内からフェリーに乗って通ってこられています。平成31年4月からは、小中一貫教育が福岡市内の小中学校に先駆けて開始されます。

末っ子で小学4年生の息子も能古小学校に通っていますが来年からふれあいの場がより多くなります。

能古島自然教室に参加されたお子さまの中にも能古島の海あり山ありの自然豊かな環境の中で学ばせたいと転入されたお子さまが今現在おられますし、来年の4月から転入しようと申し込まれる方もおられます。

小中一貫校になると小学生 中学生というカテゴリーが無くなって1年生から9年生の9学年に呼び名も替わるようです。

平成31年度4月からの入学募集(小学1年生から中学1年生)開始は、平成30年10月29日(月)から12月14日(金)までとなっていますので興味のある方は、お問合せをされてみてください。

能古島 小中一貫教育.pdf
PDFファイル 3.2 MB